2005-02-13 Sun.

井筒屋の牛肉弁当

20050212223725.jpg
20050212223725.jpg
米原駅の駅弁と言えば昔から老舗井筒屋の牛肉弁当が有名。近江の国なら近江牛ということで牛肉を売り物にしたのがそもそもだと思いますけど、これが今やワタクシ的には、んもぉ~イケてませんです。子供の頃、近江八幡にあった親戚を訪ねるような時はこの駅弁食べさせてもらえるのが楽しみの一つでございましたが、何と申しましょうか、舌が奢ったってこともあるでしょうが・・・ ( ̄~ ̄;)ウーン・・・にしても味や盛りつけに対する老舗駅弁屋としての誇りと企業努力が足りないのでしょうね。
たまたま買った時のデキが悪いのかとこの1年間で4、5回は最購入してみましたがやっぱダメなもんはダメでした。今でもこの弁当お好きな人には申し訳ございませんけど・・・。(^ ^;

ほんじゃまぁワタクシ的に何がダメかと申しますと、

1.ご飯が美味しくないっす。それにいつ買っても冷え切ってます。夏はともかく冬場は許せませんです。米原もけっこう寒いっすからね。プラスチック容器の中で冷え切ったご飯が美味しいわけございませんですよ。コンビニ弁当だって「お客さんあっためましょうか?」って聞く時代ですよ、あなた。

2.おかずとご飯のバランス悪しです。牛肉の他は手抜きモロ見えの付け合せです。量も少のうございます。写をご覧いただければわかりますように見た目にもご飯とおかずのバランス悪く美味しそうに見せる何の工夫も感じられませんですよ。(笑)
今時新幹線車中で売っている800円の幕の内(これすぐ売れ切れちゃいますが)の方がよっぽど豪華絢爛です。

3.牛肉も特別凝った味付けではございません。ホントに近江牛かいな? パッケージに何も書いてないとこみるとどこの牛かもわかりませんですよ。名物にするなら近江牛肉弁当としてちゃんとPRすべしですよ。

4.このデザート代わりの一口ゼリー。これは止めましょうね。これ見ただけで興ざめでございますよ。(--;

等々、ワタクシ的にはとてもとても930円ハタいて買いたいと思うシロモノではございませんです。

駅弁は鉄道ファンにとって旅先の大きな楽しみの一つです。井筒屋さんには老舗の誇りにかけて、もちょっと頑張ってほしいもんです。

スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真 / ジャンル : 写真

記事URL | 駅弁 | トラックバック(0) | コメント(0) | (00:33)  Page Top↑ Bottom↓ 

| HOME |